METAL ONE CORPORATION RECRUIT SITE

ENTRY
MY PAGE

A b o u t u s

メタルワンとは

Mission

鉄を介したビジネスを通じて
世界規模で社会に貢献していく

「産業の米」と称される鉄は、世界中の目に見えるところから目に見えないところまでありとあらゆる場面で使われています。言い方を変えると、現代社会は「鉄なしでは成り立たない」と言っても過言ではありません。この事実が意味することは、鉄が持つ想像を超えたビジネスの可能性です。鉄鋼総合商社としてその鉄を取り扱うメタルワンの代表的な産業は以下の通りです。

インフラ産業

高層ビルや鉄道、橋梁、トンネル、高速道路 など

生活産業

自動車やテレビ、洗濯機、冷蔵庫、スマートフォン など

エネルギー産業

発電所、天然資源の開発現場、ラインパイプ、太陽光発電 など

メタルワンの使命は、鉄を介して、こうした幅広い産業に対してビジネスを世界中で展開していくことです。そして、社会基盤の構築に貢献し、便利で豊かな暮らしをグローバルスケールで実現していくことを、最終的なゴールに据えています。

Business

「鉄」でつなぎ「鉄」でつくる
世界中のあらゆる価値

メタルワンのビジネスは、トレーディングと事業投資を軸に「鉄」で「社会」をつないでいく役割を担っています。そして、その過程で多くのメタルワン特有の機能を活かした付加価値を創出しています。サプライチェーンマネジメントや戦略コンサルティング、事業会社の設立など、価値創造のためにあらゆる手段を用いています。

トレーディング

商社が果たす基本的な機能として知られるビジネスモデル。需要(ユーザー)と供給(サプライヤー)の橋渡し役として、商材をトレードするためのあらゆる役目を果たしていく。それらは、マーケティング機能、ロジスティクス機能、ファイナンス機能など多岐にわたり、複合的な付加価値を創出することで、利益を生み出す。

事業投資

商社のビジネスは、原料生産・加工製造・輸送といったいくつもの機能を有する企業が介在して成り立つ。これらのバリューチェーンを構築する企業に対して、メタルワンの「人材・ノウハウ・資産・設備・情報」などを積極的に投入し、事業経営に参画することで利益の拡大や安定化を図っていくのが事業投資。個々の商売というよりは、経営的な側面から事業を安定/拡大していく。

サプライチェーンマネジメント

鉄鋼メーカー、流通関連業者、グループ会社と連携しつつ、メタルワン特有の機能を駆使し、対面顧客のビジネスの最適化のために鉄鋼製品のサプライチェーンの拡充・強化に取り組む。

戦略的ファイナンス

鉄鋼総合商社としての強みである多様な資金調達ソースを駆使して、対面顧客の新規プロジェクトの資金をバックアップする戦略的ファイナンスを提供する。

総合コンサルティング

鉄鋼の市場動向に加え、金属関連の新規ビジネス開発に向けて、付加価値の高い情報や戦略的コンサルティングを提供する。

ITソリューション

最新のITソリューションにより対面顧客の業務効率化、生産性向上、新規展開などの経営課題を解決するシステムを提供する。

事業会社経営

国内外の拠点とグローバルネットワークを活かして、世界中から情報を収集し、鋼材の加工機能や在庫機能などを持つ事業会社を経営することで、適切な鋼材をジャスト・イン・タイムで供給することを可能にしている。

Global

国内外問わず活躍できる人材を育成し
海外領域の拡大を目指す

メタルワンは世界中に拠点や事業投資会社、業務委託先等を約250有しており、現状B職社員の5人に1人が海外に赴任しています。そのような人材を育成するための「トレーニー制度」とは、入社4~5年目のB職全員を対象に、約半年から1年間、海外拠点又は国内外事業投資先、語学研修・ビジネススクール等、本人の今後のキャリア志向・派遣希望を確認の上、派遣する制度です。多様な経験を積み、国内外問わず活躍できる人材の育成を目指しています。

海外駐在比率

1/5

トレーニーのタイミング

入社4-5年のB職全員

1年目で海外へ行く可能性

100%

GLOBAL NETWORK

250拠点

※足元、コロナ禍のため渡航を自粛しています

Advance

真の“グローバルNo.1”
を目指すメタルワン
その強みとは?

多様な人材・異なる文化

2003年に三菱商事と日商岩井(現 双日)の鉄鋼部門が統合されて誕生して以来、両社のDNAに新入社員の個性が融合し現在のメタルワンがあります。こうした多様な人材の総和と異なる文化の相乗効果が、変化をチャンスに変え、マーケットをリードしてきたメタルワンの礎になっていることは、間違いありません。

スケールの大きなビジネスに出会える

先人たちの積み上げてきた実績と信用により、業界内におけるメタルワンの立ち位置はトップクラス。これまで数多くのプロジェクトを手掛けてきました。その結果として、新興国のインフラ(鉄道や橋梁)や石油開発などのプロジェクトに携わるチャンスもあります。

グローバルリーダーの育成

メタルワンでは、海外で活躍できる人材の育成に注力しており、様々な制度が整っています。例えば、1年目のB職社員が対象の海外研修、そして4-5年目のB職全員を対象にした約半年から1年間のトレーニー制度などが挙げられます。こうした個人のキャリアに合わせた研修制度があるからこそ、若手から主体性を持って仕事に取り組む風土やそれを支える基盤があります。

ジョブローテーション制度

入社から10年間で「国内営業」「貿易営業」「職能(管理部門)」「海外駐在」「国内外事業投資先出向」の5分野のうち、海外経験を含む3分野以上を経験させる「ジョブローテーション制度」があります。これは幅広い専門知識やビジネススキルを複数の部署を通して学ぶ機会となると共に、社員一人ひとりの可能性を広げ、長期的なキャリア形成を促し、経営人材を育てていきます。
*一部、コロナ禍による渡航自粛で実施できていないものもあります。