METAL ONE CORPORATION RECRUIT SITE

ENTRY
MY PAGE

独自の強みを武器に
世界でビジネスを加速させる

Person

04

Aidai Oshurahunova

アイダイ オシュラフノヴァ

鉄鋼貿易事業部 熱延鋼板課

2013年入社

経済学部卒

Work

当たり前の積み重ねが相手の心を動かす
人の成す付加価値が競争力

鉄鋼貿易事業部の数あるビジネスの一つに、建材を取り扱う海外の加工メーカーに対して、日本の鋼材を供給する商流がある。アイダイが従事するのは、韓国、台湾、スペイン、バングラデシュの加工メーカーに対する営業だ。

「現地のお客様との面談などを通じ、情報提供や提案を行い、関係性を構築。その積み重ねの中でお客様の心を動かし成果に結びつけていく。これが海外営業の醍醐味です」

しかし、中国をはじめ価格競争力の高い海外の商材が台頭する中、日本の鉄を売り込むのは容易なことではない。

「大切なのは、メタルワン独自の強み。例えば品質トラブルなどが起こった際の対応力や鉄の売買以外にも踏み込んだ提案力も一つです。定量的な観点などだけではなく、こうした人が成す定性的な付加価値が競争力の一つになっていると感じます」

それぞれのお客様に即したアプローチ方法を考え、創意工夫をしながらお客様のご要望に応えていくのが楽しいと、アイダイは力強く語る。

「日本の技術とハートフルなサービスを提供できれば、世界で拡販を実現できる。そう確信しています」

Episode

何があっても最後までやり切る
全力を注いだ先に成長がある

ロシアで産出された天然ガスをバルト海の海底パイプラインを経由してドイツまで輸送する。その実現に向けた大型パイプラインのプロジェクトが欧州で動き出す。この情報はアイダイにとって文字通り朗報だった。学生時代からロシアのエネルギー産業に想いを馳せていたため、夢を実現するチャンスだと考え、当時の上司に「やらせてください!」と、強く訴えた。

アイダイは欧州のプロジェクト会社が公開する入札公示を睨み、メタルワンUKと連携して情報収集を開始。並行して大手鉄鋼メーカーと協業に向けた準備を進め、プロジェクトチームを組織した。しかし入札公示後、彼女を待っていたのは社内承認の壁だった。当プロジェクトは受注金額数百億円の大型案件。当然、入札参画の判断基準も厳しかった。そんな中アイダイは関係各部署に、考えうるリスクとその対応策を粘り強く提示し続け、ついに承認を獲得。1次審査は1ヶ月後に迫っていた。

アイダイは水面下で作成していたデリバリープラン、技術サポートプラン、各種コストなど、提出書類の精査へと動き出す。

「技術情報はもちろん、メタルワンUKと戦略アイデアを共有し、チーム一丸となって進めました。肉体的にハードな日々が続きましたが、当プロジェクトに携われることを幸せに感じていたので、辛くはなかったです。むしろ楽しんでいたと思います」

苦労の末、1次審査を無事通過。ところが、その矢先、思わぬ結末を迎えることになる。それはプロジェクトからの辞退だった。ロシアのプロジェクトとは、別の大型プロジェクトに注力するという経営判断が下り、会社としての応札辞退が決まったのだ。上司からそれを告げられた時、彼女は人目も憚らずに泣いた。

「その時のことは、色々な想いがこみ上げてきたので、よく覚えていません。ただ、そこまで情熱を傾けられる仕事に出会えたことは幸せなことだと、今は思えます。何より、このプロジェクトで築けた人脈や、ビジネスを俯瞰的に見定める視野など、得たものは大きかったです」

目の前のことに全力を注ぎ、やりきった仕事の先には、ビジネスのリアルと確かな成長実感があったのだ。自分の使命を全うすべく、今日もアイダイは世界を奔走する。

Career

2012年

メタルワンロシアへ入社

卒業論文をきっかけにロシアのエネルギー産業の実態を知りたいと思い立ち、在モスクワ日系企業への就職を決意。モスクワに渡って就職活動を行い、2012年にメタルワンロシアに採用されナショナルスタッフに。ガスプロム、ロスネフチなどロシアメジャーエネルギー企業へ、日本製の鋼管を販売する業務に携わった。

2013年

大型パイプラインの入札案件に挑む

2013年、メタルワン東京本社に転職しエネルギープロジェクト部に配属。3年目の2015年には大型パイプラインの入札案件を2件担当させてもらえるほどに成長。入札案件については結果を出すことができなかったものの、そこで得られた知見、人脈は大きな財産となった。

2019年

輸出事業の営業としてステップアップ

鉄鋼輸出事業部へ異動。先輩たちが営々と築いてきた案件をミスなく継続するビジネスを担当。4年目には新規開拓や取引復活が求められる地域の担当に。これまでの経験を活かし、チームでスピーディかつ的確に営業活動を展開し、成約に繋げた。難易度の高さが満足度の高さに直結し、大きなやりがいを感じている。

Q & A

会社の魅力

商社の命は、情報とそれを扱う人。その中でも、メタルワンの強みはその“人”にあると思っています。ベースは真面目で実直、かつフレンドリー。そして、壁にぶつかっても諦めずに自分の職務をやり切る方が多いと感じています。

仕事の流儀

国籍性別関係なく、きちんとやるべきことを遂行し、高いパフォーマンスを維持し続ければ、必ずお客様に認められます。ジェンダーフリーの姿勢で仕事に取り組み、「当たり前の積み重ね」で勝負するのが、私のスタイルです。

Profile

Aidai Oshurahunova

アイダイ オシュラフノヴァ

鉄鋼貿易事業部 熱延鋼板課

2013年入社

経済学部卒

心と体のメンテンナンスのため、週4〜5回、動画を見ながらヨガを行い、週1でサウナに通う。天気が良ければ自転車で買い物へ。また、映画やドラマ鑑賞もメンタルケアの一環。一番好きな映画は『タイタニック』。