METAL ONE CORPORATION RECRUIT SITE

ENTRY
MY PAGE

業界をリードする立ち位置から
立ち位置から
鉄鋼ビジネスの“Next”を提案する

Person

08

Hamazaki Go

濱崎 剛

線材事業部 線材課

2010年入社

政治経済学部卒

Work

積み上げてきた信頼で
さらなる価値提供を

線材事業部が主に取り扱うのは自動車や建築・機械の部品などに使われる線材や棒鋼である。この分野におけるメタルワンの強みは対面業界の幅広さと、これまで培ってきた信頼からなる高いシェアを誇っていることだ。これらの優位性があるからこそ、メタルワンは鉄鋼メーカーから加工メーカー、そしてエンドユーザーの各商流に入りこむことができ、顧客の要望に応じて多様な価値を提供することが可能となる。

「仕入先、お客様とその同業他社、お客様のお客様まで幅広く熟知しているので、業界全体を俯瞰した情報提供はもちろん、ビジネスマッチング、M&Aなど経営課題解決のための様々な提案ができますし、お客様もメタルワンにそれを期待しています」

そこに単なるトレーディングビジネスとは別の醍醐味がある。濱崎が今挑もうとしているのは、事業再編や業界再編につながる提案だ。例えば、日々のトレーディングで感じる業界の課題を、AIの活用や既存パートナーの機能を提供することで解決し、サービスのプラットフォーム化を検討する。そうした取り組みを幅広いサプライチェーンの中で運用できないか、他社を巻き込んだチャレンジを始めている。

こういった挑戦は、商社業界はもちろんあらゆる業界で求められており、メタルワンも新しいビジネスモデル構築のため、全社を挙げて取り組んでいる。

Episode

相手の要望のすべてに応える
その気概が最適解を導き出す

「実は家電量販店向けの部門の売上が年々減少している。濱崎さん、何か打つ手はないか」

機械業界向けに加工を行う顧客を訪問し、営業部門の役員からその相談を受けた時、濱崎は心の中でガッツポーズした。

「スポットのビジネスではなく、会社の将来に関するご相談を受けることは、商社パーソンにとっては大変価値あることですから。これまでの営業が間違っていなかったと思えました」

濱崎が顧客の元に通い始めたのは、線材事業部配属直後から。とにかく、お客様の要望にすべて応えていくという愚直なアプローチで、コツコツと信頼を積み重ね、相手の役に立ちたい・・・その一心で、日頃の細やかな情報提供や提案といった営業活動はもちろん、会食・二次会にご一緒させて頂き濃密な時間を過ごすなど、昼夜を問わず接点を増やし、共通言語を増やすよう務めた。また、濱崎は折に触れて、自身の持つ中小企業診断士資格の話や同業他社・他業界へのコンサルティング経験があること、経営課題にも応えられることをさりげなくアピールしてきた。そして通い続けて約2年、その瞬間が訪れる。

濱崎はその場で、同業他社との業務提携をはじめ、抜本的な解決をもたらす仮説をいくつか提示。すると役員は濱崎の提案に大いに興味を持ってくれた。現在は、提携先企業のピックアップと並行して、顧客の期待収益といった経営状況の数字的裏付けを進めている最中だ。

「お客様の社運をかけた取り組みに対する答えを、メタルワンなら導き出してくれる。そんな嬉しくも責任の重い期待をひしひしと感じています。」

濱崎が大切にしているのは顧客に対する愛だ。相手を好きになる。気に入られたいと思う。役に立ちたいと思う。そんな人間臭い情が、商談や交渉の重要な局面で最適解を生み出す源泉となり、大きなビジネスへとつながっていくと彼は信じている。

Career

2012年

大阪で与信管理の現場を体験

2012年に本社審査部から大阪管理部審査ユニットに移り与信管理を担当。東京では基礎を学び、大阪では現場を経験した。営業と共に取引先の社長と接する機会が多く、経営再建に必死で取り組む社長の苦悩や、お客様を助けたい営業の熱い想いに触れ、多くのことを学んだ。そんな中、数字だけでは見えない経営という真剣勝負の「リアルな世界」を実感できた。

2016年

メタルワン労働組合の委員長に就任

2016年にはメタルワン労働組合の任に就き、委員長に就任。議題は人事制度や年金といった社員の人生に関わる非常に重要なもの。執行部でも一番若年という状況の中、経営陣とも対等に向き合い、交渉する立場を経験。いずれの議題も会社・社員双方の未来にとってベストな判断をするべく、声を集め悩み抜いたことが、大局観と胆力を養う貴重な経験となった。

2017年

メタルワンらしい付加価値提案を

2017年、事業投資や海外ビジネスのチャンスを求め線材事業部の営業に異動。これまで培った職能での経験を活かして、一味違うメタルワンらしい付加価値を提案できる営業になるべく研鑽を重ねる日々を送る。お客様の声に真剣に耳を傾け、行動する結果がダイレクトに評価=仕事=利益に結びつくのが営業であり、そこに大きなやりがいを感じている。

Q & A

会社の魅力

泥臭く現場に密着できるミクロ感と、グローバルに投資や業界再編などを仕掛けられるマクロ感の両方を有することです。高いシェアで業界をリードし、「メタルワンが言うならやろう」と思ってもらえる信頼感も大きな魅力です。

仕事の流儀

お客様に対する愛情を持つことです。人間は最終的には論理ではなく感情に突き動かされると考えています。だからこそ、常に熱い想いを持ち、その情熱を人に伝えるための、あらゆる努力と工夫を心掛けています。

Profile

Hamazaki Go

濱崎 剛

線材事業部 線材課

2010年入社

政治経済学部卒

趣味は学生時代から続けている総合格闘技。ハードな日々に耐え得るべくトレーニングを継続。一方で中小企業診断士の有資格者として、そのスキルを営業現場で実践。知識に磨きをかけるための自己研鑽も怠らない。