METAL ONE CORPORATION RECRUIT SITE

ENTRY
MY PAGE

「自分なり」の追求が楽しい
主体性・自発性が活きる環境

Person

12

Kuroda Suzuho

黒田 涼帆

財務部

2017年入社

文学部卒

One Day

  • 8:45

  • 8:50

  • 10:00

  • 12:00

  • 13:00

  • 15:00

  • 17:00

  • 17:30

Reason

入社を決めた理由

メタルワンの説明会に参加して、これまでに意識したことのなかった「鉄」という商材の、社会貢献性に惹かれたからです。携帯電話の中にあるような小さな部品から、鉄道・橋といった大きなインフラまで、鉄があらゆる産業において、欠かすことのできない柱のような存在であることを知り、自分も鉄を介して国や世界の発展に寄与したいと考えました。緊張しやすい性格の自分が、自然かつ等身大で面接に臨めたこと、面接官の方が自分を評価するのではなく、より理解しようとする姿勢を見せてくれたことが、最終的な決め手です。実際に入社して、この「相手に対する細かい配慮・傾聴」が、会社に根付いていると感じました。

My Work

現在の仕事

現在、財務部の外為ユニットに所属しており、主に海外取引の決済管理を行っています。海外取引は、通貨の違いやお金の流れ、時差など、国内取引にはない決済リスクが存在します。それらを考慮した対策を講じて、安全かつ確実に決済を進められるように仕事を進めていきます。具体的には、銀行と営業の間に立って、B/L(船荷証券)をはじめとする取引書類のチェックから、入出金受付、銀行への手続き、決済管理など幅広いオペレーションを、言語や商習慣の違いを加味しながら遂行しています。並行して、トラブルが起こった時の対応にもあたっていきます。このように、海外と日本で取引をする際にスムーズな資金回収をするための業務を担っているのが私たちで、私たちがいないと本来得られるはずの利益も得られなくなってしまうということを感じ、責任感をもって業務に取り組んでいます。

Q & A

S職の魅力

メタルワンのS職には「主体的な行動」「能動的な発言」が求められます。さらに、マニュアル通りに完結する仕事だけでなく、創意工夫を求められるものも多いと感じます。この、「受け身」を是としない絶妙なバランスの職域が魅力だと感じます。入社1年目で、ある会議に参加した時「新人ならではの意見が、新鮮で良い刺激になるんだよ」と言葉をかけていただき、それ以来、勇気を出して徐々に発言するようになりましたが、職群・年次を問わずに意見を受け入れ、理にかなっていれば採用してくれます。こうした環境で「自分なり」を発揮できる自由度に、魅力を感じます。

メタルワンの魅力

様々な社員の方と接してきて感じるのは、一人ひとりの持つ志の高さです。「どうすれば、現状より良くなるか?」「改善できることはないか?」といった、現状に満足せずに、より高みを目指そうとする意識を持った方々が多いので、そういった向上心が良い相乗効果になって社内に伝播しているように思います。さらに、その目的達成のために、若手を含む様々な意見を柔軟に取り入れようとする会社の雰囲気が、結果として風通しの良さにつながっている印象です。責任感や当事者意識の高い人たちに囲まれて仕事ができる・・・ここに魅力を感じます。

Episode

印象に残るエピソード

メタルワンでは、業務効率化を進める様々な取り組みをしています。その一つが、社内業務の自動化を目的としたRPA(※)のアイデアを募る社内コンペ「ロボットコンテスト」です。入社2年目の時にチャレンジ精神をもって応募し、社長を含めた経営陣の前でのプレゼンを経て最終的には入賞することができました。とは言え、人前で話すことに苦手意識があり、プレゼンの経験もゼロに等しかったため、最初は不安しかありませんでした。その時に、周りの先輩方が忙しい中、時間を割いて、アドバイスをくれたり、練習に付き合ってくれたことが今でも忘れられません。結果、無事にプレゼンを終えることができ、この経験が自分の中でとても自信になりました。また、チームに支えてもらった分、今度は私が恩返しできるように頑張りたいと思っています。

Challenge

今後挑戦していきたいこと

今後は、財務領域全般を担えるS職を目指していきたいです。私が取り組む外為業務は、貿易取引のほんの一部。まだまだ未知の領域が多く、学ぶことばかりです。だからこそ、プロフェッショナルの先輩方の背中を追いながら専門性を深め、いつか自分も後輩に頼られるような存在になりたいです。また最近は、チーム全体で業務分担や連携に対する意識が高まり、業務効率化が進んでいます。在宅勤務も増え、生活様式や働き方が多様化する中で、世の中の変化をキャッチアップしつつ、新しい業務にも積極的にチャレンジしていきたいと考えています。

Profile

Kuroda Suzuho

黒田 涼帆

財務部

2017年入社

文学部卒

美術館巡りが好きで、週末にふらりと絵画鑑賞に出かける。社会人から始めたカメラも趣味の一つで長い休みの旅行の共にしている。