METAL ONE CORPORATION RECRUIT SITE

ENTRY
MY PAGE

次世代の商社のあり方とは?
その答えを模索する

Person

08

Matsuura Yuka

松浦 由佳

経営企画部 営業戦略ユニット

2011年入社

国際教養学部卒

Work

会社の贅肉を削ぎ落とし筋肉質に
その計画・戦略を練り上げる

経営企画部は、会社経営の根幹を担う部署であり、メタルワンの舵取り役としてあらゆる部門と連携しながら、会社のあるべき姿や目指す姿を経営陣と共に構想・推進している。中でも営業戦略ユニットの重要な仕事は高炉を中心とするサプライヤー、株主との連携を通じて、各営業部局と戦略共有を図ると共に、中期経営計画に基づき各種案件を推進すること。

「今、メタルワンが目指しているのは、無駄・不要を削ぎ落とした筋肉質な会社への進化ならびに次世代を担う新しい事業への挑戦。そのために経営資源の配分の最適化や構造改革などを推進中です」

また、松浦は経営戦略会議・営業戦略会議の事務局として、経営層が議論を交わす会議に陪席。そこで経営層の考え方や会社の舵取りの進め方に触れることに醍醐味を感じている。

「海外を中心に会社全体レベルでの市場戦略、本社とグループ会社間のシナジー戦略や経営資源の配分の最適化など、マクロなテーマについて深く知り、考える機会を得て、その中で俯瞰的な視野や思考を養うことができます」

海外駐在で培ったキャリアを活かしつつ、激動の時代の中で商社の次世代のあり方を見据えた視点で、経営に対する提言・提案を発信していくことが今後のミッションであると考えている。

Episode

「相手に寄り添う」
その先にある確かな成功

メキシコに駐在して3年目の時。それまで自動車向けのビジネスに従事していた松浦は、新しいビジネスに挑もうとしていた。それは、現地の缶メーカーへのアプローチ。

「新規開拓した地場企業に対し、ゼロからビジネスを提案するのは初めてだったので、何とかものにしたいと意気込みました」

松浦がチームと描いたプランは、比較的安価な中国材を用いた3国間取引。顧客が求める情報を、様々なソースを駆使しながらタイムリーに提供しつつ、その反応を想定した提案で先手を打つ・・・そんな商談を自身の培った“スペイン語”で、地道に重ねていった結果、トライアルで数百トンの受注に成功した。しかし、新規受注の喜びもつかの間、デリバリーと代金回収で予想外のトラブルが発生する。

初回デリバリーの貨物が中国から出荷を終えたタイミングで、急遽メキシコ当局が輸入通関時のルールを変更。顧客側でルールに即した通関手続きが間に合わず、貨物の受け取りの手続きに予定以上の日数を要してしまうことに。結果、港湾保管料などの追加費用が発生したのだ。

「お客様にその追加費用をメタルワンで負担するよう要求され、さらに要求を呑むまで後続デリバリー代金は支払わないと言われましたね」

予測不能な外的要因。メタルワンに非がある訳ではない。だが、松浦は、理不尽とも取れるこの要望にショックを受けつつも、これから始まるタフな交渉に冷静に備えた。それから松浦は、毎日顧客に連絡、時には訪ね、辛抱強く議論を重ねていった。そして、2ヶ月という時間が経過した頃、メタルワンに非がないことが、ようやく認められた。

「心掛けたのは、相手の言葉に真摯に耳を傾けること。海外の商習慣に合わせて、こちらの主張を押し通す選択肢もありましたが、そうしなかったことが功を奏し、徐々に相手から歩み寄ってくれました」

一筋縄でいかない交渉を取りまとめ、追加費用の全額負担を免れ、すべての代金回収を完了させた彼女が得たもの・・・それは「相手に寄り添う」ことが、あらゆる国のあらゆるビジネスに通底する軸であることの確信だった。

Career

2013年

社内システムの目線で輸出業務研修を実施

新卒で入社後、ITソリューション部に配属、3年目には社内の輸出業務システムの管理を担当。若手営業社員に対して、事務職業務の体系的な理解を深めより良い連携が取れるように、社内システム目線での輸出業務研修を実施した。自ら研修資料の作成と講師を担当し、とにかく分かりやすい研修内容にするべく尽力した。

2014年

メキシコに語学・業務研修で赴任

メキシコに1年間、語学研修生として赴任。より幅広くメキシコを理解したいと考え、合計3ヶ所での語学研修を自ら会社に提案し、ビジネスレベルのスペイン語を習得。その後3ヶ月間、メタルワンの現地事業会社に業務研修生として着任。日本人駐在員とメキシコ人スタッフの懸け橋として、主に営業や品質管理をサポートする業務に奔走した。

2015年

駐在員として様々な海外ビジネスの現場を経験

研修終了後、メタルワンメキシコに約4年半駐在し、業務研修の経験を活かして自動車向けのほか、食品缶メーカーや鉄道車両メーカー等、様々な営業を担当。日系顧客のみならず、現地の顧客にも積極的にアプローチ。営業だけでなく、技術・品質サポートなどの製造現場立会いも経験。また経営補佐といったマネジメント業務にも携わるなど、様々な海外ビジネスの現場を肌で実感する経験となった。

Q & A

会社の魅力

現在の部署配属もそうですが、充実した研修プログラムを通して、海外ビジネスの経験が積めるなど、若手のうちから実際にビジネスの場を経験できチャレンジできる。そんな自己成長のチャンスが多くあるのがメタルワンの魅力です。

仕事の流儀

どんな仕事の現場であれ、相手に寄り添い、話にきちんと耳を傾けること。そして何事も主体的に真摯に対応すること。すべてのステークホルダーに向き合う今の業務でも、この想いの大切さを実感しています。

Profile

Matsuura Yuka

松浦 由佳

経営企画部 営業戦略ユニット

2011年入社

国際教養学部卒

長期休暇の楽しみは旅行に行くこと。メキシコ駐在時代にはパタゴニア、ボリビア、ガラパゴス諸島などへ足を伸ばした。