METAL ONE CORPORATION RECRUIT SITE

ENTRY
MY PAGE

若手のやる気に応え
寄り添ってくれる社風が魅力

Person

10

Yokoyama Asako

横山 麻子

自動車・電機鋼材事業部
自動車鋼材第五課

2017年入社

国際政治経済学部卒

One Day

  • 9:00

  • 9:05

  • 10:30

  • 12:00

  • 13:00

  • 15:00

  • 17:00

  • 17:30

Reason

入社を決めた理由

学生時代にカナダへ留学した際に、学校に通いつつ現地ホテルのインターンシップに参加し、その経験から培った英語を使って、海外に携わる仕事がしたいと思い始めました。そういった経緯で、商社を中心に就職活動をしていく中、メタルワンに出会いました。まず、親身に話を聞いてくれる社員の姿勢や、数多くいる学生の内の一人ではなく、より私自身を知ろうとしてくれる姿勢に惹かれ、最終的にサポートに徹するだけでなく、多岐にわたる業務を任せてもらえることが、自分に合っていると感じて志望しました。そして、格好いいと感じる方が多く「自分もこういう人になりたい」「こういう働き方をしたい」と思えたのも大きな理由です。

My Work

現在の仕事

鋼材の発注、船積み手配、代金回収というデリバリー業務全般に従事しています。担当している地域は、主にインドですが、マレーシア向けのビジネスにもアサインされています。発注業務では非常に多くの取引を限られた時間内で処理するため、数量や価格を間違えないよう、慎重に対応しています。船積みに関しては、サプライヤーとクライアントと密に連携を取りながら納期調整を行い、商材が、決められた場所、決められた量、決められた日に届くようにアレンジしていきます。業務中に起きるトラブルにも、B職と協力しながらその解決にあたっていきます。

Q & A

S職の魅力

デリバリーにおける商材の具体的な動きについては、B職よりもS職の方が理解している・・・そんな気概や自負心を持ったプロフェッショナルな方が多いと感じます。そして、貨物の大きさや配船のスケジュール、輸送コストといった、商社のビジネスにおいて重要な要件や条件を加味しながら最適なアレンジを導き出すプロセスは、難しいですがとてもやりがいを感じます。ビジネスの契約を取るのがB職であるなら、S職はそのビジネスをオペレーションする立ち位置になります。そこで、自分の考えを軸に主体性を発揮して仕事に臨めることが、S職の魅力だと感じています。

メタルワンの魅力

国内外で様々なビジネスを手掛けているスケールの大きさに比べて、社員数がそこまで多くないというのが入社後の実感です。そんな背景からか、顔や名前を知っている社員さんが多く、部や課を超えた横のつながりが強いように思います。会社全体を通じて、面倒見の良い方や相手に対する思いやりのある方が多く、社員同士の仲も良いです。また、S職とB職に共通して言えることは、若手のやる気に応えようとしてくれる先輩や上司が多く、責任のある仕事や幅広い業務にチャレンジさせてくれます・・・そんな社風がメタルワンの魅力です。

Episode

印象に残るエピソード

インストラクターから独り立ちした2年目、課で最も大口のお客様を担当することになりました。これまでとは比べものにならない明細数に驚きながらも必死で対応していく中、自分の不注意でミスを連発。お客様からもきついお叱りを受け、先輩方が築き上げた信頼を失いかねない事態になりました。一時はかなり落ち込みましたが、自分の中でミスをしないようなルール作りの徹底や先輩方の手厚いサポートのおかげで徐々に良いサイクルが生まれてきました。先日、2年半担当したそのお客様を後輩に引き継ぐことが決まり、ご挨拶をした際に「頼りにしていたから寂しい」と、別れを惜しんでくれました。・・・大変だったからこそ、乗り越えた先のやりがいを実感した瞬間でした。

Challenge

今後挑戦していきたいこと

経験を積み、業務を覚えてきているからこそ感じるのは、自分の周りには本当に優秀な先輩方が多いということです。そんな、先輩方に少しでも早く追いつくことが当面の目標です。そのために、限られた時間で正確に仕事をこなす力と、業務に必要な幅広い知識を養っていきたいです。また、ペーパーレス化やデジタル化への移行が進み、事務作業の内容も良い意味で変わってきました。そうした変化に順応していく中で、S職全体の業務効率が上がっていると感じます。この流れを享受し、より良い「働き方」「仕事の仕方」の追求もしていきたいです。

Profile

Yokoyama Asako

横山 麻子

自動車・電機鋼材事業部 自動車鋼材第五課

2017年入社

国際政治経済学部卒

週末に友人とキャンプに出かけ、大自然の中で美味しい料理を作って食べたり、お酒を酌み交わしながら何気ない会話をしたりするのが、息抜きとなっている。会社のテニスサークルやスポーツジムで汗を流すことも多い。